学部が決まらない人に 就活生おすすめの学部選びと受験方法 

疑問に思ってる男女学生と、ビーカー、スポイト大学受験

こんにちは、みほです。
この記事を書くにあたって情報をくれた就活生とは、じつは私の子どもなんです。

大学生の長男
大学生の長男

はじめまして。
ふと就活中に、就活に有利になる学部選びがあるんじゃないかって思いついたんです。💡
参考になるといいけど・・。

みほ
みほ

旧帝大の理系学部と、難関私大の文系学部の子ども2人の話をヒントに、解説しますね。(^.^)

大学の学部が決まらない人
将来やりたいことがわからない人に

就活のときに有利になりそうな学部選びと、受験の方法を紹介します。

大学受験もまだなのに、ずっと先の就職のことなんて考えられないと思いますが、

就活生おすすめの、大学受験前の人にすすめられる【学部選びと、受験の方法をくわしく解説しますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。(^^ゞ

スポンサーリンク

学部が決まらない人は、できるだけ偏差値の高い大学を目指す。

✅進路の選択で理系か文系か、決めかねている。

✅理系か文系かは決まったけど、具体的な学部が決まらない。

✅行きたい大学だけ決まってる。

↑↑ 現在、こんな状態でしょうか?

受験生なら憧れの大学や、あの大学行けたらいいな~みたいな感じはあると思います。(*^^*)

でも学部となるとイマイチ決められない、自分がどんな学部が合うのかわからない人が多いのではないでしょうか。

まだ受験勉強の途中だから、成績がどのくらい伸びるかもわかりませんし、そのうち行きたい学部の候補がでてくるかもしれませんけど・・。

【第一段階】まず【 できるだけ偏差値の高い大学の合格をめざす】をおすすめします。

そして、現実的に学部を決める段階になっても、

・行きたい学部も特にない人
・どうしてもやりたいことが見つからない人は


【第2段階】学部が決まらない人の【学部選びと、受験の方法を、次で紹介しますね!

✔偏差値の高い大学を目指すとき✔
特に忙しい高校生に、オンラインで勉強を教えてくれる家庭教師が今の時代、安心と時間の節約になっています。無料体験があるのでなんでも試してみたい人向きはこちら。

( e-Live|小中高生対象・オンライン家庭教師の新規体験申込み)
スポンサーリンク

【文系】学部が決まらない人の学部選びと、受験の方法。

教師のひよこ
みほ
みほ

・学部が決められた人

・理系で方向性が決まった人

・司法試験が必要な職業に興味がある人などは、除きますね。

ここでは特に文系で学部が決まらない人におすすめしたい方法です。

まず自分の模試の判定から、合格可能性のある偏差値の高い上位の大学から第一志望、つぎに第二志望、第三志望…と決めていくとします。

そこで、偏差値の高い上位の第一志望大学で、できるだけたくさん、複数の学部を受けるという方法になります。


第一志望○○大学のA学部とB学部とC学部とD学部・・といった受験方法です。

不合格のリスクを減らすために、

・第一志望○○大学のA学部
・第二志望△△大学のA学部
・第三志望□□大学のA学部
  
一般的には、このような受験方法をよくしますが、

第一志望大学の中でも学部によって偏差値の上下があるので、おなじ大学の中で、いろいろな複数の学部を受けるということです。

もちろん、不合格のリスク回避のために第二志望大学、第三志望大学まで広げることは必要です。

みほ
みほ

学部が決まらない人は無理やり決めないで、

できるだけ上位の大学からたくさんの学部を選んで受験すると、偏差値の低い学部だけギリギリ合格ってことも!

でもそれでいいんです。上位の大学に入れるなら。

大学生の長男
大学生の長男

第二志望大学のいちばん偏差値の高い学部より、

第一志望大学のいちばん偏差値の低い学部に進学するほうが、就活にはいいですよ!

スポンサーリンク

【文系】就活には学部より大学が重要。

就活の時のエントリーシートは大学が重要。

就活に有利なのは、偏差値の高い上位の大学だから。

就活のときに企業にパソコンから提出する、エントリーシートという書類があります。

『そちらの企業に応募したいんですが、いいですか?』という履歴書のような書類をいいますが、このエントリーシート、

偏差値・レベルの高い大学なら受け付けてもらえて、偏差値の低い大学は受け付けてもらえないことがあるって聞いたことありませんか?

みほ
みほ

検証したことないので、ウワサ?ですけど。

人気のある企業は応募してくる多くの学生に対して、就職試験と面接をしている時間がないので、大学のレベルで区切っていると、告知されてはいませんけれど耳にすることがあります。(-_-;)

ですから学部ではなく、より偏差値の高い上位の大学に行くことが、就職するときの選択肢を広くして、志望する企業へ近づくことにつながりそうなんです。(^^ゞ

みほ
みほ

人気の企業に就職したいならば、

より偏差値の高い大学に入っておくと、


第一関門であるエントリーシートを、受け付けてもらえないかも…といった不安がなくなりますね。

女性がパソコンする

偏差値の高い大学に入ってから、進路を考える。

行きたい学部も特にないし全然やりたいことが見つからない人は、先ほど解説した方法でできるだけ偏差値・レベルの高い大学に入学することを、おすすめします。

大学生の長男
大学生の長男

いちばん偏差値の低いイメージの良くない学部しか合格しなくても、その下のレベルの大学に行くよりもおすすめします。

そして大学生になってから、やりたいこと、興味のあることを見つけていくんです。

4年間あるのでやりたいこと、すすみたい職業の方向性が決まるかもしれませんし、

決まらなくても就活のときに自己分析をしていく中で方向性が見つかったりします。

みほ
みほ

でも、そんな学部の選びかた、適当すぎないかな、、って不安ですよね。


だって学部によって、授業内容が相当ちがってきますもんね。

学部って文系でも、文学部、経営学部、経済学部、外国語学部や教育学部など、あとスポーツ系の学部もありますね。

でも、こんな例があります。
  ⇩⇩
・教職に興味ないけど、合格したから教育学部に行ったけど、結局、銀行に就職した。

・外国語学部で○○語を勉強したけど、大学2年でプログラミングに興味でて専門のスクールで学んだ。就職はIT業界へ。

こんなふうに文系だと、大学の授業を生かした職業についていない人が、とても多いんですよ。

その学部での授業は一生懸命に勉強しながら、将来の職業は別に考える方法なんですが、どうでしょうか?

でも、、
・興味のない学部いくのイヤだな、、

・せっかく大学へ行くなら、大学で学べる知識を大事にしたい。

ハイ!そう思うのは当然です。(^.^)

本来はそれがいいんですから。

自分に向いてる学部を真剣に選んで、大学で知識を深めることが、本来の大学へ行く意味だし大学生のあるべき姿ですもんね!

それができそうな人はそのほうがいいので、そうしてほしいです。(*^^*)

ただ、行きたい学部も特にないし、どうしてもやりたいことが見つからない、学部が決まらない人は(特に文系)

合格可能性のある偏差値・レベルの高い大学の複数の学部を受験する方法で、(興味のない学部でも)できるだけ上位の大学に進学することをおすすめしたいです。(^^ゞ

大学生の長男
大学生の長男

偏差値の低い学部でも大学が大事文系は学部はどこも大差ないですよ!

【理系】学部が決まらない人の学部選びと、受験の方法。

数学や物理、化学、生物などの理系の科目が得意だと、理系に進もうと、ふつう考えますよね。

でも得意科目だけで学部を決めてしまうと、大学に入ってから専門的な勉強になったときに、全く興味のない研究や実験に長い時間拘束されるので苦痛になったりします。

そのうち大学に行かなくなったりなど留年も多いと聞きますので、理系の人は文系より慎重に学部を選んだほうがいいでしょう。

それに理系の学生は、大学で学んだ専門性を生かして技術職になることが多いので、就職を考えても学部で何を学ぶかは大事になります

大学のホームページで、

どのような研究をする学部なのかを調べて、興味のあるやってみたい研究がある学部を選ぶといった方法があります。

ポイント
あとは、受験までにどうしても学部を決められない人は、入学してから学部を決められる大学を選ぶのも、ひとつの方法

受験のときに学部を決めなくても、大学に入学できるんです。(*^^*)

例えば国立大学では、東京大学や北海道大学があります。

大学1~2年で授業を受けながら、学部について理解を深め自分に合った学部を決められるので、

・どうしても学部が決まらない人
・ゆっくり見きわめて決めたい人
・学部えらびに失敗したくない人
・とにかく学部はどこでも、東京大学か北海道大学に行きたい人

このような人は学部を決めなくても入学できる大学を考えてもいいかもしれません!

学校たてもの 空と木

まとめ。

学部が決まらない人、やりたいことがわからない人におすすめしたい【学部選びと、受験の方法】について、特に文系の人に。

✅就活するときには学部よりも大学が大事

✅学部が決まらない人は、できるだけ偏差値上位の大学に進学するといい

といった、就活生の感想から、

文系の人は、
合格可能性のある、偏差値の高い上位の第一志望大学で、できるだけたくさん複数の学部を受けるという方法をおすすめしました。


第一志望○○大学のA学部とB学部とC学部とD学部を受験して、どこかに合格することです!

学部が決まらない人、やりたいことがまだわからない人は、高校のうちに無理やり決めなくていいんですよ。

大学生になってからでも、やりたいこと、なりたい職業を見つけるチャンスは出てきます!

あせらなくて大丈夫。うちの子たちも、高校生のときなんて決まっていませんでしたから。(^^ゞ

大学受験の偏差値の高い大学の情報収集に、このようなサービス【スタディサプリ進路】を利用してみるのもいいですよ。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。(‘◇’)ゞ

関連記事都立中高一貫校から旧帝大に合格【理系】受験のポイントを初心者向き

コメント

タイトルとURLをコピーしました