成功する受験生の体調管理は、どんなことをしてましたか?

親子三人で食事中学受験

こんにちは、みほです。
読者の皆さんは公立中高一貫校の受検?

それとも私立中高一貫校の受験?どちらを予定しているのでしょうか・・。

今回は、うちの子の都立中高一貫校の受検からはじまり、高校受験、大学受験などを経験したことから、 私がやった体調管理の話をしようと思います。

受験って、本人の勉強のがんばりが一番大切なんですが、

体調崩さなかった
試験会場まで無事に行けた
試験落ち着いてできた
・・などなど、

こういうことも合否には、影響するんですよね。

そこで、私が受験期にいちばん積極的にやったことが、子どもの体調管理でした。

・・読んでいるママさんも、うなづいているのではないでしょうか・・。

そりゃそうですよ!

栄養を考えた食事を作らなきゃいけないし、体調管理は親の最大の仕事!

とはいえ長期戦だから、ホンネを言うと疲れますけどね・・

子どももタイヘンだけど、親もタイヘンなのが受験です。

仕事に行って夕飯の支度に、掃除に、子どものお弁当の準備・・送迎も・・‼

特に仕事をしているママさんにとっては、時間がない上に体調管理に神経をつかわなければならず、想像を超えるタイヘンさでしょう。(>_<)

そのとおり!

スポンサーリンク

受験を成功させるための体調管理。

運が良かったこともあるかもしれませんが、うちでは試験日当日に体調をくずすこともなく、受験勉強期間も、風邪・インフルエンザも大丈夫だったんです。

自分の努力が報われたような嬉しい気持ちでしたので、

これから受験をのりこえていくママパパさんにも、おなじように嬉しい気持ちになってほしいと思い、【受験のときの必要な体調管理】について微力ながら、お話しします。

受験期によく作っていた食事メニュー。

焼き魚と味噌汁の和食定食

『受験生には絶対このメニューを』『合格するならこの食事』といった話は残念ながらできませんが、😞 私が受験期によく作っていたメニューは、

中学受験の場合、抵抗力が大人ほど強くない小学生ということで、栄養バランスを考えた食事、野菜も食べさせて、煮物、味噌汁、焼き魚なども作っていました。

和食中心で、煮物はひじき煮、切り干し大根、肉じゃがが多かったですね。ガッツリ昭和っぽい特別感のない食事メニュー‼(^.^) 

私がまだ若かったこともあり(笑)、お惣菜率は低く、中学受験期は特にがんばって手作りしていました。

直前期はお寿司・お刺身などの生ものは控えます。できるだけ加熱したものを食べさせるようにしたため、お味噌汁・スープ・お鍋が多かったです。

高校受験、大学受験になると少しお惣菜率が増え、ラクな肉料理がだんだん増えましたね。(*´з`)

受験生がいる部屋をいい環境にする。

カウンターと椅子のある店内

自宅にいる時間で疲れを取り、免疫力回復のために快適な空間にしたかったので、空気清浄機と加湿器にはこだわりました。

まだ小学生だったので、ウイルスやバイ菌がこわくて・・子どもの食事と同じくらい気にかけて、

空気清浄機と加湿器が一体になっている、プラズマクラスターをリビングと寝る部屋に。

ただお手入れがまあまあタイヘンなので、子どもが大きくなった我が家では、今はお手入れがラクなこちらの加湿器。


ただ、これを使うと空気清浄機は別に必要になってしまいますが、加湿器のぬめりや、水アカとは無縁なので、別々のほうがお手入れ的にはラクかもしれません。(^^ゞ

特に今年は受験の年!という時には、加湿器は新しく買っていました。

ゲン担ぎというか、汚れた加湿器だと縁起が悪そう。。受験不合格になって後悔したくないと思って、受験の年は、新品の加湿器にしていました。(^^;

今思うと、お手入れさえしてれば大丈夫じゃない?と思えますけど、受験の時は特別で、

『あの時、お金出さなかったから不合格になったんだ。。』ってことになったら後悔してもしきれないと、塾の講習代なんかもいろいろと、受験優先で節約は度外視にしてましたね・・。

みほ
みほ

受験期は親としたら、はずかしいくらいに余裕なかったですね。

結果オーライということで。(^^;

【楽天市場】空気清浄機一覧を見る【Amazon】空気清浄機一覧を見る

受験を成功させるために、親の負担を減らし時間を作る。

長年、私自身いろいろな加湿器を使ってきて、『お手入れが面倒だな・・』とずっと思っていたんです。😞

最近はスゴく進歩して、昔はなかった加湿器のレンタルとお手入れをしてくれるサービスがあります。私が使いたかった。(^O^)

仕事をしてて時間がないけど、受験生もいるから食事や掃除も手を抜けないの。体がいくつあっても足りない。。

子どもの受験のことに、もっと時間をかけたいし、いっしょにいろいろ考えてあげたい。

こんなふうに、受験生のいる家庭は親もタイヘンなので、

便利サービスを使って、親がラクになることを優先していいですよね! 親の負担が減ると、子どもと向き合える時間ができるし。

乾燥した冬の時期だけの注文(例えば10月~4月とか)が多いそうなので、

期間限定でキレイな加湿器をラクして使う!お手入れなしで過ごせる!って、受験期限定で私もラクしたかったな~と思いました。(*^^)v

興味のある方は、【ダスキンさんの加湿器レンタル&お手入れサービス】を調べてみてください。お試しは、すいている『冬になる前』がいいそうです。

ダスキンレンタル商品

ちなみに一番狭い部屋用の加湿器で、月額3,300円(お手入れ込み)。電話で問い合わせしたら親切でしたよ。(^^ゞ

受験生のメンタルの安定を優先する。

受験期に、
子どもがいい精神状態を保てるように
勉強に集中できるようにするには、

親である自分がどう接したらいいのかと、受験のたびに試行錯誤してきたんです。

初めての都立中高一貫校の受験の時はわけわからなくても、だんだんと『こうすれば子どもの気持ちには、いいかも!』というふうになってきました。

実際にどんなふうに接したかというと、

✅たまにある母親のイライラする気持ちは、子どもには隠す。

✅精神的に追いつめたり、あせらせたりする声かけはしない。

✅怒らないで落ち着いて話す。怒られると怖くてストレスになり免疫力低下につながるから。

✅子どもが話したいときに、好きなようにおしゃべりさせて発散させる。

みほ
みほ

こんな感じで、

子どもの安定したメンタル優先のために、子どものためになることを意識して接するようになっていました。

スポンサーリンク

まとめ。

これから受験をのりこえていくママパパさんの参考になるよう、【受験のときに必要な体調管理】について、うちの子の中学受験~大学受験までの経験から、実際にやったことを紹介しました。

また特に、受験生がいる家庭では、便利なサービスを使って親の負担を減らすこともおすすめして、お手入れなしの加湿器を紹介しました。

さいごに受験生のママパパさんへ。

体調管理は食事や掃除など、地味に毎日おなじことの繰り返しですが、


おなじことを今日も明日もできる普段と変わらない日常は、実は、うれしいことで、


そして、子どもの受験のためにできることがある毎日は、親になった人だけの特権なので、存分にやり遂げてくださいね‼

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました