都立中高一貫校の合格の対策は、いつから、何を、どのくらいやった?

子どもと本、えんぴつ都立中高一貫校入学まで

こんにちは、みほです。これから都立中高一貫校をめざそうと考えているママパパさんの、疑問の解決になるような情報を、

子どもが都立中高一貫校に6年間通った経験から、お話ししていこうと思います。

読者
読者

合格した子は、どんな対策をしたのか教えて。

 

具体的にいつごろに、何をしたんですか・・?

ぜひ子どもの経験で、参考になることがあったらと思います。

うちの子がやった対策を紹介したら、ホントのところ、何をやればいいのか迷っているママパパさんが、具体的な対策をイメージできます。

対策の方向性がわかりますし、ちょっと安心してほしいんです。


この記事で書かれていることは、こちら。

1、受検対策は、
いつから、何を、どのくらい、やったのか?

2、もし今、再び受検するとしたら、
どんな対策を、いつから、何を選ぶか?

スポンサーリンク

都立中高一貫校の対策は、いつから、何を、どのくらいやった?

小学5年生から、週2で通塾。

✅ 小学5年生から、自転車で通える場所にあった栄光ゼミナールの都立向きの集団授業のコース。(私立受験コースでない。)
週2、通塾。

小学校の勉強に物足りなさを感じていたらしく、
本人から塾に行きたいと言ってきて、友達が通っていた塾に安易に決めました。
(都立受検、私立受験の考えはまだ家族のだれもなかった。)

勉強の対策は栄光ゼミナールで、むずかしい問題や宿題、そして小学校の勉強だけです。通信教材は使用していません。

✅ 地域の小学生作文コンクールで賞をもらう。

✅ 習い事はピアノを続けています。
幼稚園からつづけているピアノが週1と、ほかの楽器も4年生から週1で。

参考記事都立中高一貫校 受かる子がしてた習い事は?勉強と両立するメリット

みほ
みほ

私の影響か、楽器好きにしちゃいましたね。

✅ 漢字検定も5年生で受けました。

✅ まだ過去問や模試は受けていません。

小学6年生のときの対策。

机といすと猫

✅ 塾は5年生のときと同じコースで週2、通塾。

通信教材はやらず、最後まで栄光ゼミナールの塾だけでした。

6年生の勉強時間は、
平日は帰宅後、学校の宿題・塾の勉強がメインで、

本を読んだり、子ども新聞で作文の練習をしました。

ピアノが大好きでしたので、勉強とおなじくらい毎日ピアノをよく弾いてました。

✅ 朝日小学生新聞を6年生から週1で取りました。

週1だったので負担にならず、
作文担当の父親が、新聞に載っているテーマで作文を書かせていました。

時事問題・環境問題は、この子供新聞からたくさん学習していました。

都立中高一貫校の受検対策で、子供新聞は適性検査にいいってほんと?

✅ 6年生の秋ころから、早稲田進学会の「そっくり模試」。

3回以上受けましたが、
直前の模試はあまり点数が良くなかったので、子ども本人が落ち込んでいました。

暗い顔して泣きそうになって。。(涙)


1回落ちると「今よりもっと勉強しなきゃ」と、やる気がでたりします

ピンチがチャンスですね。

「そっくり模試」は当時からいいよって情報が入ってました。午後から親子で解説を聞くんですよね。

「そっくり模試」で席がとなりだった子が、附属中学で同級生になり、大学もおなじという長いお付き合いになっています。(笑)

うちの子の時よりも、公立中高一貫校の人気に伴って早稲田進学会の人気がスゴイです。みんなお世話になっていますね。(^^ゞ

✅ 過去問はまだ年度が新しいせいで数少なく、
そのかわり塾のテキストや塾の模試、「そっくり模試」でカバーしました。

<ここは大事>⤵

過去問はくりかえして、
問題に慣れることが、最重要
と思います。

小学6年生になったらやりましょう。
はじめはできなくて答えを見ながら解いてもOK。

✅ 習い事は、試験直前だけはお休みしました。

こんな感じなんですが、、
今、都立中高一貫校をめざして勉強しているお子さん達よりも、うちの子の場合は勉強量が少ないと思うので(年代的に)参考になるか微妙なとこですが・・<(_ _)>

そこで、都立中高一貫校の受検の経験と、入学後の同級生の受検対策などを総合して、

私の子どもが、もう一度、都立中高一貫校を受検するとしたら、

いつから、何を、どんな対策をしたら効果があるか、考えましたので、参考にしてみてください。⇩

スポンサーリンク

今、 都立中高一貫校を受検するとしたら、どんな対策にする?

お金をたくさんかけない対策。

1、まずは、通信教材からはじめてみる

小学4年生から通信教材からスタート

小学5年生、学校の勉強がよくできるなら、そのまま通信教材で

作文対策も通信講座などで追加。

過去問を少しずつはじめる。解答を書きうつしたりして慣れる。

小学6年生夏から、いろいろな模試を月1で。

塾なしなので、自分の実力の位置をたしかめることは重要です。

通信教材が充実しているので、
塾なし受検もシュミレーションしてみましたが、

子どもの能力が高く、親の能力があればいいですけど、

適性検査の問題を質問されても答えられない私は、塾なしはムリです。(>_<)

2、通信教材をうまく進められない、教材をためる、親も塾なしで不安がでてきたら

小学5年生から都立専門塾に通塾

・作文が苦手そうなら、作文の通信教材を追加

小学6年生から、過去問くりかえす。小学6年生の夏あけから、外部の模試も追加。

定番といえば定番な対策ですが、こうなりますよね。。

コスパよく、あまりお金はかけたくないけど、このくらいはがんばります!

お金をかける対策の場合。

風船と英字

小学4年生から私立受験用の塾に入塾!(サピ、日能研など)

・5年生、6年生と、そのまま私立受験用の塾で、頭をフルに使ってむずかしい問題を。

・5年生から作文を書く練習を追加。苦手そうなら通信教材を。

・6年生の夏休みから都立の過去問を始めて、都立適性検査に慣れる。

・6年生の夏休み明けから、外部の模試を追加。

私立と都立の勉強なんて想像しただけで、ムリー!と思うんですけど、( ;∀;)

私立受験用の塾で勉強して、都立を受検する。私立も都立も受験する対策が、お金はかかるし体力も大変だけど効果が高い気がします。

だって、都立は1校だけしか受検できないんですよ・・(泣)


参考記事都立中高一貫校と私立併願校。親が考えておきたい本当のメリット。

これだと、都立が落ちても私立中学を複数校、受けているので私立に行けるんです。(^o^)丿

そして長期的に考えると、私立受験のためにすごく勉強したことって、ムダではないんです。
都立中高一貫校入学後の貯金になりますから。

参考記事都立中高一貫校入学後の学力差 塾は必要?ついていけない子の対策

ただ本人のやる気と、すごいお金がかかります・・(T_T)でも、私の経験上、効果がと思うんです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このような記事もあります。
都立中学の受験で受かるには、いつから、どんな準備はじめる?

タイトルとURLをコピーしました