今ならわかる!中学受験するなら低学年でやっておくといいこと

男の子三人遊んでる中学受験

こんにちは、みほです。
今回は、【中学受験をするかもしれないお子さんが低学年までに、やっておいた方がいいことって何?】という内容です。

読者さん
読者さん

塾に3年生から通わせる予定だけど、

それまでの家庭学習で、効果的なことがあればやっておきたい。

まわりは公文とかが多いけど・・今、何か家庭でやっておくと受験の時に良さそうなものがあったら教えて!

みほ
みほ

そうなんですね!中学受験を考えたら、お子さんのためになることを早めにしておきたいですもんね。

私の経験の話ですが、

小さい時にもっとコレをやっておけばよかったな…と反省することが多いので、その中から厳選してお話ししようと思います。

中学受験を考えてるなら、低学年までにどんなことをやったらいいの?といった悩みに

現在うちの子は大学生となりましたが、中学受験をして都立中高一貫校に通った子と、中学受験は向かなそうだった子、を持つ筆者がお答えいたします。(^^ゞ

この記事の内容は、塾に行くまでの間で、

・家庭の生活の中でできること。
・子どもの能力を底上げできること。

ぜひ最後まで読みすすめてみてください。<(_ _)>

スポンサーリンク

中学受験をするなら低学年のうちにやっておくといいことは?

読書好きにさせる。

本たくさん

私立中学受験でも都立中学受験でも、

出題文を理解し正解を書く】ことが合格には必須なので、まず、文章を正しく読解するチカラ(読解力)が必要。

本を読まない子、興味のない子もいますね。。そういう子は、読書好きな子より読解力は劣ることになるのでしょう…。(◞‸◟)

具体例としては、
✅やっぱり定番の読み聞かせ。
✅図書館に行く機会を増やす。
✅親もいっしょに本を読む。
✅家の中に本をたくさん手に取れるようにしておく。

などでしょうか。

みほ
みほ

実はうちの子、都立中高一貫校に進学した子は読書好き。

そして中学受験をやめた子で高校受験で大学付属校に進学した子は、読書が苦手なタイプでした。

むずかしい文章を理解するチカラは親の目からみても、読書好きの子のほうが上。

中学受験は成長段階の9~12才がすることなので、むずかしい文章を少しでも理解できるチカラがあると、受験生の能力に差が出てきそうですよね。

低学年のうちに、この読解力の底上げを『読書』でしておくことがとてもいい!と考えます。

読解力をつけるために語彙力を高める。

先述の読解力をつけるために読書好きにと、おすすめしましたが、同じく語彙力が高いと読解力や表現力も高まるんです。

・いろいろな言葉を知っている。

・理解して正確な言葉を使うことができる。

こういうことが語彙力が高い=中学受験の問題を解くときに有利になります。

どうやったら語彙力が高まるかというと、親子の丁寧な会話が効果的と言われているんです。

家庭でやれそうなことですよね。


「学校どうだった?」と聞くより、

「きょうの算数の授業は何を習ったの?」
「体育はどんなことをしたのかな?」
といったふうに具体的に質問すると、子どもが話すことが具体的になって話しやすいそうですよ。

もっと小さい時なら、「ワンワンだね。」ではなく、「茶色い小さい犬がこっちを見てるね。可愛いい犬だね。」って少しクドイ感じだけど、こういう丁寧な会話のほうが、いろいろな言葉を吸収するためには良いと言われています。

子どもは大人の言葉を真似して覚えるからなんですね。

ぜひ今日からでもやってみてください。

みほ
みほ

私は「ワンワン!」って言ってました。。(;´Д`) 

子どもと丁寧に会話をするっていう意識があまりなかったので、中学受験やめた子は特に語彙力は高くなかったです。

読書好きの子は、おしゃべり好きだったこともあって語彙力は中の上かな。でも2人とも国語は苦手。責任を感じています。。

吠えてる犬

家族や友達と外でたくさん遊ぶ。

外で体をうごかして遊ぶことで、受験勉強のための体力をつけるというメリットと、自分以外の人とのやりとりで想像力がつくというメリットがあると、私は思うんです。

また、塾通いがはじまると遊ぶ時間が減るので、もっと遊びたかったのに。。と心残りを少なくできたら…とも考えます。『けっこう遊んだよね、じゃあ次は勉強やってみよう!』という思考に切り替わることを願って。(^^ゞ

人とかかわると、人の動きを想像したり会話なども考えて脳の発達も促されるでしょう。

ただ、うちの場合は、低学年だと不審者や交通事故が心配で、思う存分外遊びさせてましたという感じじゃなかったんです。子ども本人は、もっと自由に遊びたかったらしいんですが、、(^_^.)

子どもが小さいうちは親も付き添っていかないと危なかったりするので、子どもの自由にさせてあげれない部分もありますが、外で活発に遊ぶ時間はこれからの受験耐性にプラスになることは確かだと思います。

勉強ができると、うれしいと思うようにしておく。

母親である私が『勉強は大事』と子どもに、小さい頃から言ってたようなんです。(子どもが言ってました。。)

小学校入学後はリビング学習で、子ども2人と私がそばにいて勉強する環境。でも特別な教材は使わず、学校の宿題にドリル程度で低学年を過ごしました。

習い事(ピアノや英語など)を2人ともしていたので、『Z会などお勉強系はまだいいかな・・』と先取り学習もしなくて、、(^^;

そんなゆるい感じの家庭学習でしたが、小学校の勉強はむずかしくないからできるし、できたらほめてもらって嬉しいといった成功体験はできたようです。

そうすると次は、『もっと勉強できるようになりたい、いろいろなことを知りたい』という知的好奇心が高まるようになります。

『勉強ってめんどくさいし、やりたくない。』と子どもが思わないように、勉強が嫌いにならないような親の声かけと、

『勉強は好き、自分は勉強ができる』と本人が思っていることがいいかもしれません。

みほ
みほ

特に低学年で勉強ができると嬉しいなら、自分からどんどん勉強するようになるかもしれないです。

この時期はあんまり難しい勉強をさせないで、そのうち自分から勉強してくれるようになったほうがいいですよね。

4人子ども鉛筆持つ

計算はミスを無くし、速くできるように。

計算だけはミスをしないように、高学年になるまでに訓練しておくことは必要かな~と思います。

正しい答えが出せる計算力をつけるために計算ドリルや、そろばんや公文など。基本の計算でミスをしないチカラは、 あとあとの中学・高校・大学受験どれをするにしても有利になってきます。

うちの子は、”計算ミスはあって当たり前”と思ってるふしがありました。(*_*; 

みほ
みほ

最近、大学生の子どもから聞いたんです。。
(驚)うそでしょ・・あーもっと徹底的に計算の対策しとけばよかった。。と、反省しました。

正確に計算できることが”当たり前”となるように、無意識に訓練させてしまったほうがいいかもです。(^^;

みほ
みほ

近所のそろばん教室は生徒さんが多いんです。計算力の重要さをママパパさんはわかってるってことですね。さすが!

好きなことに熱中すること。

子どもって小さい頃からいろいろな遊びが好きになったり、ハマるものやスポーツに熱中したりしますよね!

遊びや好きなことに熱中すれば、『これで遊びたい』『もっとこうしてみよう』といった遊びへの好奇心や探求心が育ち、集中力がつきます。


これらのチカラは、その後の勉強するときの好奇心、探求心、集中力へとつながり、効果を発揮することでしょう。

高学年で中学受験の勉強をがっつりしなければいけないなら、幼児期~低学年は本人の好きなことに熱中させることが、まさに受験のときの能力の底上げにつながりそうです。(^O^)

スポンサーリンク

まとめ。

中学受験するときに子どもの能力が効果的に発揮できるような、家庭でできることについて6つ紹介しました。

いくつかの受験を経験し大きくなった子ども2人を見て、『小さい時にもっとコレをやっておけばよかった・・』と、特に思うことばかりです。

中学受験はまだ成長途中の小さな年齢なので、もともとの遺伝的な能力も影響大ですが、それにプラスして小さいうちからの習慣や訓練で能力の底上げをして、受験勉強を優位にすすませましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました